ミニマリズム

持ってるモノで何とかならないか考える

最近レタスのサラダにハマってます。

レタスをおいしく食べるためには、水につける必要がありますよね。

切ったレタスをそのまま食べるのと、5〜10分ほど水につけてから食べるのとでは、シャキッと感がまるで違います。

水分が野菜の細胞に入り込んで、みずみずしくなります。

でも水につけると、水切りが必要です。

水切りキッチン用品買う?

野菜の水を切るための、こんなキッチン用品があります。

ずっと買うか悩んでました。

そんな高いモノでもないし買えばええやんと思われそうですね。

全くもってその通りなのですが、僕は家にモノを増やしたくないのです。

ミニマリスト目指してるので( ̄ー ̄)

しかしこれを持っていないがために、今までサラダは自分で作らず、袋入りのそのまま食べれるやつしか買ってこなかったんですよ。

洗った野菜の水切りができないから。

水の切られていないサラダはみずみずしいどころか、水っぽくて全くおいしくありません。

それが最近ではレタスを買って、水につけて、水を切って、おいしくいただいてます(^^)

もちろん!サラダスピナーは買ってません!ミニマリスト目指してますから( ̄ー ̄)

サラダスピナーなしで水を切る

サラダスピナーなんてなくても水切りはできる!

僕は思いついてしまいました。

みずみずしいレタスがおいしそう(^^)

用意するものはボウルとザルのみ。

ある程度水を捨てたら、ボウルの上にザルをかぶせて・・・

上がボウル、下がザルになるようにひっくり返して・・・

あとはシャカシャカ振るだけです。

これで見事に野菜の水切りができます。

みずみずしいサラダができました(^^)

このやり方を思いついた時僕は、自分のこと天才かと思いましたね。

流石に神童すぎません・・・?

こんなん誰も思いつかないですよね・・・?

思いついてる人がいたら「サラダスピナー」なんて商品生まれてないでしょうからね!!!

・・・・・・・

とまあ、冗談は置いといて、、、

誰でも思いつくようなことではありますが、、、

僕はこれを思いついた時、とても嬉しかったのですよ!

モノを増やさず「野菜の水を切る」という目的を達成できたことが!

モノを買いたくなった時、一旦考える

何か買おうとする時、「本当に必要かな?」と考えるようにしています。

「まだ使える状態のモノを持ってるんじゃないか?」

「代替えで使えるモノがあるんじゃないか?」

今回は野菜の水切りのためにサラダスピナーを買おうとしました。

持ってるモノを使ってなんとかならないか考えた時、ボウルとザルを思いついたんですよね。

持ってるモノを最大限に使うことが、生活を豊かにする秘訣なんじゃないかと思っています。

モノは買うためにあるんじゃなくて、使うためにあると思うんです。

ちょっと前の僕は買い物をすることが、人生を豊かにする秘訣だと思っていました。

買い物は楽しい。

欲しかったモノを買う瞬間ってワクワクするし興奮します。

でもそれって買う瞬間を楽しむために買ってますよね?

買うのは使うためであって、買う瞬間を楽しむためではないはずなのに。

モノって買う瞬間は最高にテンション上がるけど、使ってるうちになんとも思わなくなってきます。

買うまでは「これさえ手に入れればもう何もいらない!」ぐらいに思ってたモノでも、使ってるうちにいずれ飽きます。

それに気づいてからは何かを欲しくなった時、一旦立ち止まって考えるようにしています。

本当に必要か考えるようになってから、無駄にモノを買うことが減ったし、持ってるモノを大切に扱うようになりました。

倹約にもつながるし、人生が少し豊かになった気がしています。

これからもミニマリスト目指して、日々考えて行動していきまっす☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA