ミニマリズム

【目指せミニマリスト!】メルカリでサクッとモノを売る出品方法【売れるコツ】

ここでご紹介するメルカリでモノを売る方法は、

お金を稼ぐ方法

ではなく、

不要なモノをガンガン手放しながら、「お小遣い程度」にお金を得る方法

です。

お金を稼ぐためにメルカリを利用したい!という方には不向きの内容となっています。

僕はある時、家にモノが多すぎることに気づきました。

モノを減らすのに一番手っ取り早いのは、処分することだと思うのですが、せっかくなら少しでもお金に変えたいなあという思いで、メルカリを使って断捨離することに。

メルカリでの断捨離始めて、半年足らずで約30個の不要なモノを手放し、メルカリ残高は5万円にもなっています。

メルカリでの商品販売は少し手間がかかりますが、不要なモノを手放して、5万円のお金が手に入るのであればやる価値はあると思いませんか?

僕はこの5万円を使って無料で読書を楽しんでいます(^^)

しかしメインは「お金稼ぎ」ではなく、「モノを手放す」ことにありますので悪しからず。。。

商品の相場を確認して最安値で出品する

最近僕が出品した商品「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」で見ていきましょう。

まずメルカリで出品する商品を検索します。

左上にある「販売中のみ表示」にチェックを入れます。

ここでざっと商品を見て最安値を確認します。

現在出品されている商品の最安値以下の商品で出品しましょう。

上のバーにある「価格の安い順」で最安値を確認しても良いですが、商品によっては全く関係のない商品が出てくることがあるので注意してください。

ちなみにブレスオブザワイルドの「価格の安い順」で見るとこんなのが出てきます・・・

できるだけ高値で売りたい!ということであれば、相場の最高値〜中央値くらいで出品しておけばいずれは売れるかもしれません。

でも断捨離目的で、なるべく早く売ることが目的であれば、最安値で出品しましょう。

ちなみにこのブレスオブザワイルドは、人気商品ということもあり、出品から1時間足らずで売れました(^^)

送料は出品者負担にする

送料がかかる商品は買うのをためらいますよね。

少しでも購入者ためらわせるような商品は売れません。

希少なモノであれば、購入者負担にしても売れるかもしれませんが、そうでもない限り基本的には出品者負担にしましょう。

週に一回値引きを行う

売れない商品には2つの特徴があります。

  • いいねがつくけど売れない
  • 閲覧されていない

いずれも理由は明白で値段が高すぎることです。

基本的に売れないのは値段が問題。

売れないな〜と思ったら値下げを検討します。

どのタイミングで値下げすれば良いの?

答えは週に一回、日曜日のです。

これはメルカリの公式が発表していますが、最もよく売れるのは日曜日。

また売れる曜日があるように売れる時間帯もあり、22時〜翌日の1時です。

売れる曜日・時間帯に値下げを行うのは、メルカリのシステムに理由があります。

商品を検索したときに、上位に表示される商品は、その時間帯に出品された商品、もしくは値下げされた商品だからです。

こういった理由から「値下げ」は日曜日の夜、「出品」も日曜日の夜にしましょう(^^)

値引き交渉には即応じる

値引き交渉には即応じましょう。

大体の場合、値引き交渉に応じればその人は買ってくれます。

ただし金額は相手に指定してもらうようにしましょう。

購入者

お値引き可能でしょうか?

このようなコメントがあった場合は、「いくら希望でしょうか?」のように質問をして相手に金額を指定してもらいましょう。

こちらから「〇〇円でいかがでしょうか?」と金額を提示してしまうと、

購入者

少し検討させていただきます。

と、販売機会を失う可能性があります。

またコメント欄にそのコメントが残ってしまうと、交渉されたわけでもないのに商品の値引きせざるを得なくなります。

もちろんコメントを削除して値引きをしないことも可能です。

しかしコメント欄に削除されたコメントが乱立していると、購入者に不信感を与えてしまいかねないので、コメントの削除はできるだけ避けたいのです。

以上の理由から、値引き交渉には応じるべきですが、金額は相手に指定してもらうのが良いでしょう。

ただあまりにも無茶な金額を提示された場合は、「それは厳しいです」と言えば良いですよ(^^)

まとめ

メルカリでサクッとモノが売れる出品方法についてお話ししてきました。

内容としては以下の通り。

  • 商品の相場を確認して最安値で出品する
  • 送料は出品者負担にする
  • 週に一回値引きを行う
  • 値引き交渉には即応じる

これらを実践すれば、意外と簡単にモノは売れていきます。

出品して、梱包して、発送して。

慣れるまではなかなか手間がかかりますが、お小遣い程度にはお金稼ぎができるので、ぜひ挑戦してみてください。

まずは家の中を見渡して、不要なモノを探しましょう(^^)

最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA