ミニマリズム

ミニマリストが大切にしているモノ

ミニマリスト=少ないモノで生活する人。

少ないモノで生活するということは、あまりモノを買わない人ということです。

となると、今持っているモノを長く使う。

こんなタイトルの記事を書いている人は、ミニマリストなのだろうなと思われるかもしれません。

僕はどちらかというとマキシマリストです。(そんな言葉あるんですかね?)

欲しいモノがあればすぐに買ってしまうタイプの人間です。

「ミニマリストでもないヤツが、こんなタイトルの記事書いてんじゃねーよ( ̄ー ̄)」と思われるかもしれませんね。

欲しいモノはなんでも買ってしまう自分でしたが、モノをどれだけ増やしたところで幸せにはなれないのでは?と最近考えるようになりました。

今はミニマリストを目指しています。絶賛モノを減らし中です。

ミニマリストのことをいろいろ調べていると、モノが少なくても人生を豊かなものにできる事がわかりました。

今後はミニマリストを目指す上で、考えたことや感じたことを記事にしていこうと思っています。

Twitterで減らしたモノを紹介していますので、もしよければ見ていって下さい。

これからも大事にするモノ

持ちモノを減らすとはいえ、全てを手放すわけではありません。

これまで大切に使ってきて、これからも愛着を持って使い続けるであろうモノまで手放すつもりはないのです。

不要なモノはどんどん減らしていきます。

でもお気に入りのモノは、これからも大切に使っていこうと思っています。

ここではミニマリストを目指している僕が、これからも大切に使っていくであろうモノをご紹介していきます(^^)

①パタゴニアのグリセード

なんといってもめちゃくちゃあったかい。

これがあればダウンなんて必要なし!

しかもリバーシブルなので、一粒で二度美味しい。

リバーシブルの片面がナイロン生地になっていて、風を全く通さない。

暖かくて風も通さないのに、すっごく柔らかくて着心地もバツグン!

そしてそして、、、一番のお気に入りポイントは、、、

今は手に入らない!!!

というところですね。

正確に言うと新品では手に入らない。

パタゴニアは今この製品を作っていないんです。

古着屋さんで探すか、メルカリとかを漁るしかありません。

希少価値が高いというところが、気分を上げてくれるポイントです(^^)

それでいてデザインや機能性も言うことなし。

この服は一生使い続けるでしょう!!

②ミッションワークショップのバンダル

リュックです。

サイズ感良き。

実は僕、割と身長が高い方でして、普通サイズのリュックを背負っていると違和感があるんですよね。

「でっかい体にちっさいリュック背負っとんなーー」てなことになるわけです。

大きめのサイズでかっこいいリュックないかなあ、と探していた時に巡り会ったのがこちら。

29Lとなかなかの容量なのですが、なんとこのリュック拡張できまして、最大サイズでは64Lになります。

2泊3日くらいの旅行であればこのリュックで行けちゃいます。

拡張した時のデザインはあまり好きではありませんが^^;

なかなかお高めのリュックでしたが、一生使えそうな丈夫さなのでコスパは良いと思っています(^^)

③パラブーツのシャンボード

カジュアルにも、ちょっとドレッシーな服装にも合わせる事ができる靴。

とりあえずこれを履いておけばオシャレになれます。

おすすめはズボンをロールアップして履くこと。

靴が強調されてオシャレ度倍増です。

革靴なのにスニーカーのような履き心地。

重厚な見た目なのに、ものすごく軽い。

これもお気に入りポイントの一つです。

④リバーライトの極

鉄フライパン。

料理する方は1個は持っておいても良いと思います!

テフロンフライパンに比べて焦げ付きやすい印象があると思うのですが、正しい使い方をすればそんなことはありません。

鉄フライパンって育ってくるんですよね。

育ってくると、焦げ付くことも錆びることもまずないし、何より愛着がハンパないです。

基本水洗い(お湯洗い?)のみで、洗剤を使うことはない(使ってはいけない)のでむしろお手入れは楽です。

鉄フライパンはいわゆる一生物なので、これからも大切に使っていこうと思います(^^)

⑤レッドウィングのアイリッシュセッター

この靴は僕の持っているモノの中で、一番思い入れがあります。

高校生の頃、当時読み漁っていた「FINEBOYS」という雑誌で紹介されていたこの靴が、とてつもなく光り輝いて見えたんですね。

バイト代を貯めてやっとの思いで買った靴。

雑誌の中では20年以上履ける靴として紹介されていました。

絶対20年以上履いてやると決心して買ったこの靴は今、12年目を迎えています。

手入れをして、一度ソールも張り替えました。

今ではあの頃のように毎日履く靴ではなくなってしまいましたが、これからも大切にしていこうと思います。

モノは飽きる

紹介したモノの全てに共通しているのは、「見るだけで気分が上がるモノ」です。

高いお金を出して買っても、しばらくすると飽きてしまうモノってありますよね。

というかほとんどのモノはそうだと思います。

今後は買っても飽きてしまうモノは買いません。

とはいえ欲しいモノが出てくると、「これは一生使い続けれるぞ・・・!」とかって毎回思ってるんですよね^^;

でもほとんどの場合、しばらくすると飽きてしまう。

子どもの時も欲しいゲームを手に入れた時は、「これで一生遊び続けれる!!!」なんて毎回思っていたものです。

大人になっても変わりませんね。

上で紹介した「これからも大事にするモノ」は非常に珍しく、すべてのモノが買ってから5年以上経過していますが全く飽きがきません。

それどころか今でも見るだけで気分が上がります。

でもほとんどのモノは買って数年、下手すると数ヶ月で飽きてしまっています。

こうなるといつまでも飽きがこず、自分の気分を上げてくれるモノを、買う前に判断するのって正直無理だと思うんですよね。

なのでこれからはモノにお金を使うのはやめようと思っています。

もちろん何も買わないわけではありませんよ。

必要なモノ × 欲しいモノ = 買う

これから買うモノは基本的に「必要かつ欲しいモノ」だけにしようと思っています。

例えばフライパン。

僕は毎日料理をするのでフライパンが必要です。

でも今は必要な分のフライパンは持っています。

現状フライパンは買いません。

でも使っているといずれ、コーティングがはげてきて焦げ付きやすくなり、美味しい料理を作れなくなってしまいますよね。

それだけでなく、焦げ付いたフライパンは洗うのも手間になります。

この場合、新しいフライパンが「必要なモノ」になるので、購入するというわけです。

さらにスーパーに売っているような1000円以下の安いフライパンを買うのではなく、吟味に吟味を重ね長く使えて、使う度に気分の上がるフライパンを選ぼうと思っています。

ここでお金の出し惜しみはしません。

これからは必要最低限のモノに囲まれ、必要かつ欲しいモノにお金をかけて、豊かな暮らしをしていきたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA