おすすめの〇〇

【ととのう】サウナのすすめ。サウナの真髄は外気浴にある!!

こんにちは、ヒトシです!

僕の趣味の一つに「サウナ」があります。

サウナに目覚めたのはここ1年くらいなので「サウナ―」としてはまだまだ未熟ですが、そんな僕がサウナの良さについてお話していきたいと思います。

サウナのメリット・デメリット

まずはサウナで得られるメリット・デメリットについて

メリット

  • 睡眠の質が上がる
  • リラックス効果
  • 美肌効果
  • 「ととのう」

ひとつずつ解説していきます。

疲労回復

疲れが吹っ飛びます。仕事の疲れもサウナに入ると吹っ飛んでいきます。

普段の生活の嫌なこともサウナに入ることで忘れることができます。

リラックス効果

外気浴を終えた後はとんでもないリラックス効果を得ることができます。

これは正しいサウナの入り方を経験した人にしか感じることのできない感覚です。

美肌効果

大量の汗をかくことで毛穴の奥底に溜まった汚れなどが流れ出ていき、肌のツヤやハリがアップします。

サウナに入った後はお肌ツルツルリンです。

「ととのう」

これですよ!結局これ!

これまでに3つのメリットをお伝えしてきましたが、、、正直言って全部どうでもいい!「ととのう」ことの気持ちよさを伝えたくて僕はこの記事を書くことにしました。

サウナ→水風呂→外気浴

この流れをしっかり行うことでととのうを感じることができます。脳内麻薬ドバドバです。

デメリット

  • 太る
  • 眠くなる

ひとつずつ解説していきます

太る

サウナに入ったから太るわけではありません。

サウナの後めちゃくちゃに食べるから太るんですね(笑)

サウナの後ってものすごくお腹すいてますし、何を食べてもおいしいんですよ。

でも僕自身は、サウナ後の食事も含めてサウナの楽しみ方だと考えているので仕方がないと思っています(´・ω・`)

ダイエット目的でサウナに入ろうとお考えの方はやめておいた方が良いと思います( ´∀` )

眠くなる

しっかりととのうと睡魔に襲われます。これから予定のある時などにサウナに行くのはおすすめできません。

逆にいうと、一日の終わりにサウナに行けば夜はしっかり睡眠できます。

不眠症の方はサウナで改善されるかも、、、?

デメリットとして紹介したのですが、この2つは果たしてデメリットでしょうか?捉え方によってはメリットとも言えるかも・・・

正しいととのい方

サウナには手順があります。ただサウナに入るだけでととのうことはできません。ここでは僕のサウナの入り方をご紹介しますね。

水分補給 → サウナ12分 → 水風呂2分 → 外気浴15分

これが1セットになります。だいたい一回サウナに行くと3セットします。

1セットが終わればお風呂に浸かったり、体を洗ったり等、別の行動を入れても良いのですが、サウナ→水風呂、水風呂→外気浴の行動と行動の間に別の行動を入れるのはNGです。別の行動を入れるとととのうことができません。

では一つずつ見ていきましょう

水分補給

これは絶対してください!!!!!

サウナに入る前。セットとセットの間。1セット終わったら必ずするように!!約束ですよ!

一度僕は1セット目と2セット目の間に水分補給をせずにサウナに入ってしまい、サウナから水風呂に移動しようとしたところで、意識を失ったことがあります。幸い大事には至りませんでしたが、本当に怖かったです。

サウナは健康に良いのですが、水分補給をしっかり行なっていないと気づけばあの世なんてことも全然あり得ますので、必ず水分補給は行いましょう(^^)

サウナ12分

正直しんどいです。ただただ辛いです。入って5分くらいでやめたくなります。

でも耐えます。この後の快楽の為に・・・。

でも無理は禁物ですよ!!

僕は12分としていますが、汗がじんわり出てきてから更に3〜4分くらい耐える感じですかね。

サウナに慣れないうちは5分くらい入るだけでも全然良いと思います!

とにかく無理は禁物!

水風呂2分

水風呂って無理ですよね?僕もサウナーになるまでは足の先をつけるのすら無理でした。

でも頑張って5秒耐えてください。冷たくて辛いのは最初の5秒だけです。僕もサウナに入って1年ほど経ちますが、最初の5秒は今でも辛いです。でも耐えるのです。そこには未知の世界が広がります。

冷たくて、、でも心地良くて、、いつまでも入っていられるような気さえします。

でもダメですよ。どれだけ気持ち良くても5分以上は絶対に入らないで下さい。体が硬直して動かなくなります。冷えすぎて、筋肉が動かなくなります。これまた下手すればあの世行きです。

僕は2分で上がるようにしています。

入り方も気をつけた方が良いですね。

サウナから出たらまず、シャワーか掛け湯で汗を流しましょう。エチケットですね。

そして一気にザッバーーンと入ってしまうのは良くないです。心臓がびっくりします。

まずは水風呂の端に座って足首と手首を冷やしましょう。この状態で30秒数えます。

次にお腹まで浸かりまた30秒数えます。こうすることで体の端から血管を冷やしていき、徐々に心臓に冷たい血液を送り込んでやるイメージです。

そしてようやく肩まで浸かります。この状態で1分数えましょう。

1分後にはもう少し入っていたいなあという気持ちになっているかもしれませんね。でもあまり浸かりすぎると下手すると気づいた時にはあの世にいる可能性が出てくるので、このくらいでちょうど良いと思います。

さて、いよいよサウナの醍醐味、外気浴です(^^)

外気浴15分

水風呂から出ると、一目散に外の座れる場所に移動しましょう。

寝転べるようなところがあればベストですが、ベンチでも問題ありません。

とにかく座り、もしくは寝そべり、目を閉じて何も考えずに自分自身と対話しましょう

外気浴をしている時の恍惚感というか多幸感というか・・・

椅子に座りながら目を閉じていると、ゆっくりと体が軽くなっていって空に浮いているかのような感覚になります。凄いときには浮遊している感覚+空でグルングルン回っているような感覚に襲われます。

この感覚を巷では「ととのう」という言葉で表現されていますが、僕的には「キマる」という言葉のほうがしっくりきます。まさに合法麻薬って感じです。めちゃくちゃ気持ち良いです。

これこそがサウナの真髄です。

しばらくそうしていると、浮遊していた体が徐々に徐々に元の場所に戻ってきます。そうすると頭は冴え、すごくスッキリした気分になっているんですね。

ととのったーーーーーーーー!!!!!!!

まとめ

いやーーーーー。本当に気持ち良いですよ。このブログを書きながらととのいたくなってきました。

サウナの真髄はあの熱い部屋でも、冷たいお風呂でもなく、外で静かに座る外気浴にあると思っています。

体験したことのない方はぜひあの恍惚感を味わって頂きたいものです。

ただし、体調の悪い時や、水分補給をせずにサウナに入るのだけは絶対にやめましょう!!

少しでも興味の湧いた方はぜひお近くのサウナに行ってみてください。

ではでは✋

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA